読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

free-keys 空いているキーバインドを教えてくれる拡張

emacs

Emacsを使っている人の中にはキーが足りないと感じている人が
多いことでしょう. 割り当てられるキー自体はいろいろありますが,
デフォルトで何か割り当たっているということも多々あります.
それを上書きしてしまうのもありですが, 完全に空いているキーと
いうのも活用したいものです.


free-keysはそういうときに便利なツールで, 空いているキーを
教えてくれます.

注意

GUI向けしか考慮していないのか, CUI環境としてはキーシーケンスと
して認識されないものも空いているキーとして表示されてしまいます.
ターミナルエミュレータ等の設定を変えてできないことはないですが,
どの環境でもできるというわけではありませんので, 'emacs -nw'で
起動している方は注意が必要です.

インストール

MELPAからインストールできます.

イメージ

M-x free-keys と実行すると, 以下のように現在のモードで空いているキーを
表示してくれます. デフォルトでは "C-", "M-", "C-M-"が対象ですが,
free-keys-modifiersを変更することで変えられます


おわりに

押すことも考えたことがなかったというようなキーも案外あったりするので
一度空いているキーを探してみると良いかもしれません.