読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

litable.elの紹介

emacs

litable.elを紹介します. lispxmpみたいなイメージを持ってもらえれば
いいと思うのですが、関数にどのように引数が渡されるかというのも視覚的に
表示されます。

動画

非常に視覚的なので動画を見るのが一番手っ取り早いでしょう

インストール

MELPAからインストールできますので、package.elでインストールして
ください。

使い方

M-x litable-mode するだけです

図解

以下のような関数を定義し、評価しておきます。


その関数を利用しようとすると、関数定義の部分が変化します。


引数まで書くと、どのように引数が渡されるかが表示され、結果も表示されます。


引数が複数あっても問題ありません。


ちゃんと結果がでます。


optionalな引数でもちゃんと機能します。


表示は恒久的なものではなく、カーソルを動かす等すると勝手に消えます。

おわりに

日常的に使うとなるといくらかうっとおしいかもしれないですが、関数への
引数の渡され方がわかるので教育現場などで関数の説明をするときには
なかなかいいのではないかなと思いました。