読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

git-gutter.elに git-gutter:next-hunk, git-gutter:previous-hunkを実装しました

emacs git-gutter

https://github.com/syohex/emacs-git-gutter

git-gutter.elに次の差分ブロックの先頭、前の差分ブロックの先頭に移動する
関数を実装しました。それぞれ git-gutter:next-hunk, git-gutter:previous-hunkです。


修正を確認するとき、差分が取れる位置だけ見れればよいので、
便利に使えるのではないかと思います。以下は設定例です。

(global-set-key (kbd "C-x p") 'git-gutter:previous-hunk)
(global-set-key (kbd "C-x n") 'git-gutter:next-hunk)


smartrepと一緒に使うとより一層便利になるかと思います。

(smartrep-define-key
    global-map  "C-x" '(("p" . 'git-gutter:previous-hunk)
                        ("n" . 'git-gutter:next-hunk)))


問題があれば, githubの issuesまでお願いします。

追記

`git-gutter:next-diff`, `git-gutter:previous-diff`は diff-modeの名前付けの
慣習から deprecateにしました. `git-gutter:next-hunk`, `git-gutter:previous-hunk`を
それぞれお使いください.