読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diff-modeの faceを変更する

emacs

diff-mode自体はあまり使われることはないと思いますけど、
バージョン管理に関する拡張で継承されて使われているので、
diff-modeの faceを変更しておくとその辺もきれいに見える。


てかデフォルトがシンプルすぎですね。

設定

git diffのデフォルトっぽい感じにしてみました。

;; setting for diff-mode
(require 'diff-mode)

(set-face-attribute 'diff-added-face nil
                    :background nil :foreground "green"
                    :weight 'normal)
(set-face-attribute 'diff-removed-face nil
                    :background nil :foreground "firebrick1"
                    :weight 'normal)

(set-face-attribute 'diff-file-header-face nil
                    :background nil :weight 'extra-bold)

(set-face-attribute 'diff-hunk-header-face nil
                    :foreground "chocolate4"
                    :background "white" :weight 'extra-bold
                    :underline t :inherit nil)

イメージ

こんな感じ


デフォルトだとこんな感じで味気ない。

おわりに

magitで diffを見た時殺風景だったんで使う気になれ
なかったんですが、これで色がついて幾分使う気になりました。
色があると変わるんだなと改めて思いました。