読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「CPANモジュールガイド」感想

perl book

CPANモジュールガイドを読了しました.


個人的には Encodeの説明に載っていた Perlの"文字列"とバイト列の説明は
とてもよかったです。理解が中途半端だったんですけど、おかげで理解できました。


中級者はより理解を深めるために、初心者はこんなことできるんだってことを
知る上ですごく役立つんじゃないでしょうか. まあ私は初心者に毛が生えた程度
なのであまり中級者うんぬんは言えないですけど。


多くの人にとってプログラミングって目的がないと、続かないと思うのですが、
この本には現実的な問題を解決するためのモジュールがいくつも載っているので
大変ありがたい一冊になるのではないかと思います。


値段も含め申し分のない内容ですが、しいて不満をあげるとしたら

  • perldocの使い方が載っていない.
  • 章の切れ目がわかりづらい. 唐突に章が変わっていることがある.
  • 章ごとのまとめがない

でしょうか.


1つめは知っているという前提なのかもしれないけど、この本では完全に説明できて
いないモジュールもたくさんあるので、調べ方があってもいいかなと思いました。
'perldoc -m'でソースを読むとかというのもいいかなと思います。


2つめは、本を作る上での問題で、あまり本質的でないですけど。


3つめは、この分野では他にこんなモジュールがありますよっていうのの
まとめがあればいいかなと思いました。


Perlを書く人なら間違いなく買いでしょう。

Perl CPANモジュールガイド

Perl CPANモジュールガイド