読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Config::Pitを使う

perl config

Web APIは普段は使わないけど、FTPでアップロードするための
スクリプトはいくつか書いてます。その中で Passwordをハードコーディング
していたところがあったので, Config::Pitが使えるなって思って使ってみた.

ユーザ名とパスワードの指定は以下のように One-Linerでも可能

perl -MConfig::Pit -e'Config::Pit::set("example.com", data=>{ username => "name", password => "pass" })'

でも面倒。シェル関数としてもいいけど、いちいちユーザ名を聞いたりする
のが面倒だったので, perlの "-s"スイッチを利用して書いてみた

#!/usr/bin/perl -s
use strict;
use warnings;

use 5.010;
use Config::Pit;

our $username;
our $password;
our $site;

die "Not specified username\n" unless $username;
die "Username is empty string\n" if $username =~ m/^\s*$/;

die "Not specified password\n" unless $password;
die "Password is empty string\n" if $password =~ m/^\s*$/;

die "Not specified site\n" unless $site;
die "Site is empty string\n" if $site =~ m/^\s*$/;

Config::Pit::set($site, data => {
    username => $username,
    password => $password,
});

シェバンのところにスイッチをつけるのは古いバージョンの Perlでは
できなかった記憶があるので 5.10以降のみということで.

これで以下のような具合にできるようになります.

  % config_pit.pl site="hoge.com" username="名前" password="パスワード"

情報の取得は

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

use Config::Pit;

my $config = pit_get("hoge.com" , require => {
    "username" => "ヒント",
    "password" => "ヒント",
});

print "username: $config->{'username'}\n";
print "password: $config->{'password'}\n";

requireには欲しいコンフィグ情報をキー, ヒントを値とする
ハッシュリファレンスを与えればよい.